HOME>オススメ情報>野菜仕入れに重要な卸売業者を決めるポイントとは?

野菜の仕入れは卸売業者の利用がおすすめ!

野菜は個人でスーパーに行って必要なものを仕入れるよりも、卸売業者を利用したほうが野菜を届けてくれるのでとても便利です。

卸売業者の選ぶポイント

  • オーガニック野菜を取扱っているかどうか
  • 規格外野菜を仕入れることができるかどうか
  • 卸売業者の種類や特徴を理解しておくこと
  • 実際に必要な野菜をチェックしておくこと
  • 野菜にこだわりたい部分があれば、しっかりと決めておくこと
  • 仕入れに使う予算を決めておくこと
  • 野菜の価格が高騰しているときはまとめ買い可能か聞いておくこと
  • 直接卸売業者を訪ねて品質のチェックをしておくこと
  • 供給は安定しているかチェックしておくこと
  • 全国配送可能かどうかをチェックしておくこと

地産地消を心がける

野菜

地元で取れた野菜を地元で消費するというのが、一番良い消費方法であると考えている飲食店は、地元の野菜仕入れを行い、それを料理を提供する際に使用します。地元で取れる野菜というのは鮮度が高く、それでいて安価に提供することができるため、食材にこだわる飲食店ほどこのスタイルを積極的に採用しています。そうすることで、原価コストを下げ、美味しいものを安く提供することができるため、店も客にもメリットがあるのです。

朝に市場で仕入れを行う

男性

個人で営業している飲食店の中には、店主が早朝に市場へ買い出しを行い、そこで野菜仕入れを行います。市場には朝採れたての野菜が並ぶので、新鮮な野菜を仕入れることができます。チェーン店になると一括で仕入れることができるので、業者から野菜仕入れをします。しかし、個人経営の飲食店の場合は、市場を通じて野菜を仕入れることにこだわっている店主も多く、できるだけ安全で新鮮な野菜を使った料理を提供するよう心がけています。

契約農家を利用する

野菜

さらにこだわりを持つ飲食店の店主の場合には、直接農家を訪れ、土の状態や使用している肥料を調べた上で、農家と独占契約を結び、野菜仕入れをするようにしています。そうすることで、野菜がどのように育てられているかを確認できます。

広告募集中